上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R0019437.jpg

横浜でオフ会。
皆と待ち合わせの前に、一人で中華街をスナップしました。

横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多い。所在地である中区の中国人人口は6000人を超える。これは同区で登録されている外国人の約4割にあたる。
約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっている。日本では、神戸南京町や長崎新地中華街とともに三大中華街とされる。
1866年(慶応2年)の横浜新田慰留地から数えると150年弱の歴史をもつことになる。
(ウィキペディア)

午前中の中華街はまだなんとか人ごみも多すぎず、天気も良かったので良い写真がいっぱい撮れましたね!

R0019441.jpg

R0019443.jpg

今日も広角パンフォーカスで、できればノーファインダー!
Ricoh GXRを持って、(モノクロじゃないけど)気分は森山大道(汗)

R0019444.jpg

R0019445.jpg

今回のカメラは、

Ricoh GXR MOUNT A12

このカメラはAPS-Cサイズのセンサーに、ローパスフィルターレスという仕様。
小さなボディに高画質を詰め込んだ高性能ミラーレスの先駆けですね。
MOUNT A12は、これにライカMマウントレンズを装着できるようにした仕様です。
今回は、小型の超広角レンズを付けてみました。

Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4

21mmなので35mm換算で31.5mm相当の画角。
ライカの21mmではスーパーアンギュロンが有名ですが、いかんせん価格も物凄いww

まあ、このカラスコもなかなかのもんです!
開放もシャープで色合いもニュートラル。
収差も少なく周辺も全く破綻しない素晴らしい描写ですよ^^

R0019447.jpg

中華街は華僑の方たちのコミュニティですから、もちろん聞きなれた中国語が飛び交っています。
標準語の北京語(普通語)だったらちょっとはわかるんですが、広東語やましてや福建語だと全くわかりませんねww

R0019448.jpg

それにしても、食べ歩きにうってつけの場所です。
いたるところに美味しそうなものがあって買いたくなるのをグッと我慢!

R0019451.jpg

R0019452.jpg

R0019453.jpg

さすがに若者が多いですが、皆なんか食べてるなあww

R0019456.jpg

R0019457.jpg

R0019459.jpg

普段はモノクロスナップが多いですが、この日は晴れてたし中華街は華やかなんでカラーです!

R0019464.jpg

R0019468.jpg

Ricoh GXR MOUNT A12
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/10 09:03)
横浜市中区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

Tim0317

Author:Tim0317
トイカメラ仲間の影響でフィルムを始めて今やどっぷり浸かってしまいました。
普段は東南アジアやアメリカなどに出張の日々。
できるだけいろんな国の日常を記録していきたいなって思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。