Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R0020265.jpg
Ricoh GXR, GR LENS A12 28mm F2.5

ずいぶん久しぶりのボストンである。
ほぼ10年ぶりくらいかもしれない。
ボストンといえば生牡蠣!
本当に新鮮で美味!!

R0020266.jpg
Ricoh GXR, GR LENS A12 28mm F2.5

やっぱり高級な店なので、お客さんたちも皆ハイソサエティな感じww
でも本当にこの店はうまいんですよ!

R0020279.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Summicron 50/2

今回はライカの銘器ズミクロンを持ってきたので、早速試写してみます!
開放でもピント面のシャープさは50年前のレンズとは思えない!

R0020282.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Summicron 50/2

ボストン郊外は典型的なアメリカ郊外の風景。
森に囲まれた緑豊かな街です!

さて、今度は夜のダウンタウンに繰り出します!

R0020291.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Summicron 50/2

ボストンベイの周りは霧が凄くて幻想的。
こんなスナップでもベトナムとは一味違います(笑)

R0020332.jpg
Ricoh GXR, GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

R0020331.jpg
Ricoh GXR, GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

そして高級店には、幻のカリフォルニアワイン「ハーランエステート」が置いてありました!
高くて買えないけどねww

R0020341.jpg
Ricoh GXR, GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
スポンサーサイト
2013-08-20 004

Ricoh GXR用GR LENSが安い。
かつて6~7万円はしていたものが、もうかれこれ大分年月も経ち、新品価格で4万円弱で買えてしまう。
よくよくamazonをチェックしてたら、中古美品がプライム(送料無料、翌日配達)で2万円ほど。

Ricoh GR LENS 50mm F2.5 MACRO

早速入手して香港で試し撮りしてみました。

2013-08-20 003

ああ、いかん!AFの合焦が遅すぎるww
ぐうぃーんとスキャンして行って帰ってまた外すww
さすが古いモデルだけある(>_<)

写りは非常に素晴らしいのだがww

2013-08-20 007

でも、マクロも定評あるだけに凄い描写ですが、遠くもOKだな!

2013-08-20 001

モノクロも真面目な写りで合格!!

2013-08-20 002

2013-08-20 008

慣れてくると、AFの癖もなんとか許容してスナップできる感じだな。
(まあ、我慢強さが必要だww)

2013-08-20 010

2013-08-20 006

これ全部開放(F2.5)で撮っているのですが、ピント面シャープだしボケも柔らかで周辺もキッチリ!
小型で素晴らしい写りなんで、出張用スナップカメラに最適ですね!

2013-08-20 009

Ricoh GXR, GR LENS 50mm F2.5 MACRO
R0019999.jpg

急に月島に行くことになった。
撮影会を急に企画、ふと浮かんだのが月島のもんじゃ焼き。
実はもんじゃは初めての経験なのでした。

R0020001.jpg

月島の知識が全くないので、待ち合わせの時間まで勝どき駅で下車して散策。
iPhoneのマップで見ると、晴海ふ頭公園に行けばレインボーブリッジをいつもと違う角度から撮影できそう。
早速歩き出したのは良いが、この日は37.5℃の猛暑を超えた炎暑ww
10分も歩いたら、もう限界ww

R0020004.jpg

どうやら夜に花火大会があるらしく、場所取りの人が大勢すれ違う。
しかも花火大会の準備のために晴海ふ頭公園に入れない!
なんてこった!30分も歩いたのに成果ゼロww

R0020005.jpg

仕方ないので、勝どき駅に戻って地下鉄をもうひと駅行って月島へ。
ここで撮影会に合流して、いざもんじゃ焼きへ!

R0020010.jpg

ここ、通称もんじゃ通りは多くのもんじゃ焼きの店が並びます。
まあ、どれに入っても大丈夫だろうけど、どれを選べばいいのか手がかりがないww
目に付いた店の席が空いてたんで、そこに決定!
1時間食べ放題(もんじゃ、お好み焼き、やきそば)&飲み放題(ソフトドリンク)で¥1,200!!

では、チーズもち明太もんじゃ焼きを3連発!

R0020012.jpg

R0020014.jpg

R0020015.jpg

食べたあとは撮影タイム。
でも、あまりの暑さでグロッキーなので、この通りだけスナップ撮影。

R0020025.jpg

R0020031.jpg

R0020034.jpg

R0020030.jpg

昭和レトロな感じもあり、またもんじゃを食べに来たいと思う街でした!

Ricoh GXR GR LENS 28mm F2.5 ASPH.
000325540020.jpg

香港をモノクロで切り取る。
カメラはLeica M7、レンズはSonnar 1.5/50、フィルムはAPX100。

000325540024.jpg

000325540027.jpg

このレンズは不思議な柔らかさがあって、ピント面が浮き出るような不思議な描写である。という評判である(笑)
本当のところは良く分からん!

000325540037.jpg

000325540031.jpg

000325540035.jpg

確かに開き気味でも素敵な描写で破綻もない。
線も濃く、割と好きなタイプである。
ドライなプラナーとは違う気がする。

000325540032.jpg

000325540036.jpg

Leica M7, Carl Zeiss T* C Sonnar 1.5/50 ZM
agfa APX 100
b001.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Elmarit 90/2.8

夕暮れの散歩をしていたら、オクトーバーフェストに出くわした。
ドイツの収穫祭ですね!

b002.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Elmarit 90/2.8

ドイツワインも美味しいですね。
ドイツは寒冷な気候のために、圧倒的に白ワインが多いです。
カビネット、シュペトレーゼ、アウスレーゼ、等々の甘口が多いですが、この変形小判型の瓶はおそらくトロッケンと呼ばれる辛口。
まあ、でも今回はビールですね、やっぱり!

b003-1.jpg
iPhone5

沢山の店が出店してます。
やっぱりドイツ料理と合わせてビールを選びます。
ドイツビールもいろいろありますが、普通(?)のはピルスと呼ばれるピルスナータイプ。
これに加えて、小麦の白ビールのヴァイツェンや、黒色や濃い赤のコクが強いデュンケルが有名。
各社が出してますので、どれにするか本当に悩みます!

b005_20130804201043dbd.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Elmarit 90/2.8

b006_201308042012144a4.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Elmarit 90/2.8

では、ここはフルーティーさを重視してゾラホフのヴァイツェンを!

b007.jpg
iPhone5

b008.jpg
iPhone5

やっぱりドイツのソーセージとヴァイツェンビールの組み合わせは最高に美味いなあ!
ふと、ステージのほうで音楽が始まりました!

b009.jpg
Ricoh GXR MOUNT A12, Leitz Elmarit 90/2.8

こうやって立川の夜も更けていきました。
000325550040_20130803090314a8b.jpg

前回に引き続き、香港のスナップです。
今回のカメラはリコーオートハーフSE!

安宅久憲設計。当初は「L&M」のたばこ箱サイズを目標に設計され、実際はぜんまいばねの巻き上げノブの部分と厚さが越えたものの非常にコンパクトになった。前衛的で従来のカメラ設計の常識を覆す構造になっている。またぜんまいばねによるフィルムの自動巻き上げ機能、セレン光電池による自動露出機能を採用し、後の全自動コンパクトカメラの原型となった。
(ウィキペディア)

P1040807.jpg

リコーオートハーフシリーズの中でもこのSEは、設計の大幅な見直しが行われレリーズボタンが上部に備えられた1967年製のモデル。
レンズは理研光学の設計で、25mm/F2.8、3群4枚構成。なんと製造が富岡光学製!
フィルムサイズがハーフなので、画角は35mm換算で37.5mmの準広角。
2.5mに固定焦点で、ほぼパンフォーカスですね!

000325550036.jpg

000325550038.jpg

このセレンの露出計はカッコイイけど、この時代にAEなんて凄い!
でも、そこそこちゃんと写ります。というか屋外では全然問題無いですね!

000325550010.jpg

シャッターは、セイコー社BS11。スピードは1/125(AE時)固定。
なので、スナップの時にはブレないよう気をつけなきゃww

さて、前回に引き続き香港トラムからの撮影です。
いくらゆっくり走るからって、走り出したトラムの前を通らなくてもなあww

000325550019.jpg

もう完全に邪魔なんですけどww

000325550024.jpg

そして北角(North Point)に到着。
市場の中はお構いなしに歩き回る人の群れでトラムの車掌さんも途方にくれるのでしたww

000325550026.jpg

さて、市場は相変わらず活気に満ちています!

000325550032.jpg

000325550028.jpg

帰りもトラムに乗って帰ります。
2階席から眺めると、土曜日なので学生がボランティアで寄付を募っている姿が見えます。
このオレンジ色のが寄付金袋ですね!

000325550033.jpg

Ricoh Autohalf SE (1967)
agfa VISTA 400
プロフィール

Tim0317

Author:Tim0317
トイカメラ仲間の影響でフィルムを始めて今やどっぷり浸かってしまいました。
普段は東南アジアやアメリカなどに出張の日々。
できるだけいろんな国の日常を記録していきたいなって思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。