Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R0019741.jpg

ダナンの朝はとても早く、日が昇る前に散歩をする人たちで溢れます。
サンリバーと呼ばれるこの場所、日の出と共に人々の日常が照らし出されます。

R0019756.jpg

大きく分けて、体操をする人と散歩をする人。
実に大勢の人たちと行き交います。

R0019761.jpg

私がホテルを出る時間が6:25、朝食の時間は6:00から。
だからお散歩撮影しようと思うと、5:30頃には外に出る必要がありますww

R0019767.jpg

まあ、そのおかげでこんな美しい風景に出会えるのですがね。
でも辛いっすww

R0019776.jpg

R0019777.jpg

R0019779.jpg

Ricoh GXR GR LENS A12 28/2.5
スポンサーサイト
R0019613.jpg

休日の香港に到着。しかし残念な雨模様...
ホテルにチェックインして昼寝をしたら、雨が上がってました。
ならば香港島に行くべし!

R0019616.jpg

香港島に渡るルートは3つ。
・タクシーかバスで地下道を潜って行く
・地下鉄で行く
・スターフェリーで海の上を行く

もちろんスターフェリーでしょ!
安いし!

R0019633 mono

中環のピアに到着して遊歩道をひたすら行く。
このまま歩き続けて動く歩道を行くとハリウッドロードへ行けますが、今回はトラムで上環に行くのが目的。

R0019635.jpg

適当なところまで行ったら、下へ降りてトラム駅を探します。
と、ここで雨が降ってきました。
慌ててトラムへ乗り込みますww

R0019647 mono

R0019648 mono

R0019650.jpg

思惑外れて、終点まで行っても何もありませんでした。
あれえ!おかしいなあ!市場があるはずなんだけど。
まあ、雨が振ったり止んだり撮影に集中できないし、適当なところで帰るかww

R0019679.jpg

R0019691.jpg

日もだんだんと暮れてきたことだし、帰りは地下鉄で尖沙咀(チムシャツイ)まで帰ろう!
ああ、やっぱり晴れてないと難しいなあww

R0019703_20130618182609.jpg

R0019720.jpg

Ricoh GXR GR LENS A12 28/2.8
01.jpg

ハッセルと共に横浜を歩く日。
天気も上々で絶好の撮影日和でした!

実はこのカメラはもらい物である。
めったに得をすることのないこの私が、なんていう幸運なんだと思わずにはいられない程の出来事である。

02.jpg

2年半前まで仕事で中国に駐在してました。
その間ずっとお世話になっていた、ある大切な方に頂いたものなのです。
「私が使うより、いっぱい使ってくれそうなティムさんに上げた方がいいから!」とのお言葉をいただきました。
ならば、他のカメラよりもいっぱい撮って、できれば作品を御覧にいれるのが私のお勤めですね!

03.jpg

この日は仲間達と撮影会。
ブローニーを徹底的に使い倒そうという志の元に結成された「ブローニーを湯水のように使うオフ会」なのである。
そこで、例のハッセルを持って、撮影会発起人さんのお膝元の横浜に繰り出したというわけ。

04.jpg

この日は晴れたり曇ったりを頻繁に繰り返し、非常に露出決めが難しい日でした。
ネガだったらそんなに気にしないのですが、この日はリバーサルのベルビア!
それでも発色の良さを試してみたかったのです。

05.jpg

結果、全体的に暗めになっちゃいましたww
一応、露出計で測定して撮ったのですが、反射ではなく入光でも測ってみるべきでしたか。
それとも、リバーサルは黒潰れを一番注意するということで単にハイキー気味に撮るべきであったか!
まっ、それも経験という事で!

06.jpg

このプラナーはT*コーティング以前のものなので、一番コントラストが緩めと言われている奴。
でも、その描写には定評があり今も(白鏡胴のかっこよさもあって)人気のレンズです。
花を撮ったら柔らかく撮れるのかも、と思ってアジサイに挑戦!

07.jpg

素晴らしい発色とシャープネスだと思います。
ならばT*のレンズならどんだけ凄いことやらww

08.jpg

本当に素晴らしい写りを見せてくれるこのカメラですが、唯一の不満は重さとシャッター音のデカさ!
約1.2kGですからローライフレックス3.5Fと変わらない重量ですが、なんか重く感じるww
なにより、スナップ撮るには音がデカ過ぎですね!「バシャーン!」って感じです。
半径5mの皆が振り返って見ます、何事かと(笑)
それがいいんだと主張される人も多くいますけどね。

09.jpg

最後はウィンドゥに向かってセルフポートレート撮り!
暗かったので顔が隠れてよかったってか?

10.jpg

Hasselblad 500C/M, Carl Zeiss C Planar 2.8/80
Velvia 100
R0019437.jpg

横浜でオフ会。
皆と待ち合わせの前に、一人で中華街をスナップしました。

横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多い。所在地である中区の中国人人口は6000人を超える。これは同区で登録されている外国人の約4割にあたる。
約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっている。日本では、神戸南京町や長崎新地中華街とともに三大中華街とされる。
1866年(慶応2年)の横浜新田慰留地から数えると150年弱の歴史をもつことになる。
(ウィキペディア)

午前中の中華街はまだなんとか人ごみも多すぎず、天気も良かったので良い写真がいっぱい撮れましたね!

R0019441.jpg

R0019443.jpg

今日も広角パンフォーカスで、できればノーファインダー!
Ricoh GXRを持って、(モノクロじゃないけど)気分は森山大道(汗)

R0019444.jpg

R0019445.jpg

今回のカメラは、

Ricoh GXR MOUNT A12

このカメラはAPS-Cサイズのセンサーに、ローパスフィルターレスという仕様。
小さなボディに高画質を詰め込んだ高性能ミラーレスの先駆けですね。
MOUNT A12は、これにライカMマウントレンズを装着できるようにした仕様です。
今回は、小型の超広角レンズを付けてみました。

Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4

21mmなので35mm換算で31.5mm相当の画角。
ライカの21mmではスーパーアンギュロンが有名ですが、いかんせん価格も物凄いww

まあ、このカラスコもなかなかのもんです!
開放もシャープで色合いもニュートラル。
収差も少なく周辺も全く破綻しない素晴らしい描写ですよ^^

R0019447.jpg

中華街は華僑の方たちのコミュニティですから、もちろん聞きなれた中国語が飛び交っています。
標準語の北京語(普通語)だったらちょっとはわかるんですが、広東語やましてや福建語だと全くわかりませんねww

R0019448.jpg

それにしても、食べ歩きにうってつけの場所です。
いたるところに美味しそうなものがあって買いたくなるのをグッと我慢!

R0019451.jpg

R0019452.jpg

R0019453.jpg

さすがに若者が多いですが、皆なんか食べてるなあww

R0019456.jpg

R0019457.jpg

R0019459.jpg

普段はモノクロスナップが多いですが、この日は晴れてたし中華街は華やかなんでカラーです!

R0019464.jpg

R0019468.jpg

Ricoh GXR MOUNT A12
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4
プロフィール

Tim0317

Author:Tim0317
トイカメラ仲間の影響でフィルムを始めて今やどっぷり浸かってしまいました。
普段は東南アジアやアメリカなどに出張の日々。
できるだけいろんな国の日常を記録していきたいなって思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。